UP

不安いっぱいの単身赴任うまくやり過ごすには?

単身赴任は不安だらけ

愛する奥さんや子どもと離れ、一人で別の地域で働くことを選ぶ単身赴任。自分から言い出す人もいれば、会社の事情でやむを得ずという場合もあることでしょう。単身赴任は孤独感を感じやすく、さらに愛する家族とのコンタクトが取りづらくなるため、大きな不安が付きまとうものです。また、慣れない土地での仕事になるため、業務内容はもちろん、過ごし方にも大きな変化が出てくる場合もあります。うまく対応しなければ、私生活に支障が出ます。

自炊?外食?安く済ませるには

単身赴任をして困る要因のひとつとして食事が考えられます。特に、奥さんに料理を任せきりだったという男性の方は、料理についてまったく知識やスキルが無いという場合もあることでしょう。基本的には自炊したほうが食費が安く済むと言われています。しかし、手の込んだ料理を作るとなると、食材費はもちろん光熱費もかかってしまいます。そのため、外食に頼り切りという人も多いのが現状です。米や小麦粉などの主食を常備しておくことで、自炊が少し楽になるでしょう。

単身赴任の住まい先は?

単身赴任をする場合、その期間にもよりますがマンスリーマンションを借りるという選択肢があります。特に1年未満などの短い単身赴任の場合は非常に効果が高いでしょう。引っ越しの際には、住まい先で家電をはじめとした生活必需品を取りそろえる必要があります。特に家電は高額なものが多く、短い期間ではもったいないものも多いです。しかし、マンスリーマンションには必要最低限の家具家電が用意されているため、すぐに暮らすことができます。

単身赴任の家具を揃えたい場合には、一式をレンタルしてくれるサービスを利用すると費用を抑えることが出来ます。