UP

婚約指輪の材質として人気の宝石と貴金属とは

ダイヤモンドが大人気

婚約指輪の材質として人気があるのが、ダイヤモンドです。これはまさに圧倒的な人気であるといえます。ダイヤの大きさも色々と違いがあるわけですから、それで差をつけることも可能です。ダイヤモンドは4つの構成要素があります。一つはクラリティ、二つ目はカラット、三つ目は、カラー、そして、カットです。カットの具合が物凄く大事です。そして、大きくする為には加工を抑えないといけないので反比例するわけです。そこが難しい点です。

宝石として人気があるのは

婚約指輪としては、人気があるのはやはりダイヤモンドであるのは間違いないです。しかし、他の宝石も人気があります。ルビーなどは赤いところがとても魅力的であり、あえてそちらの方を選ぶ人もいます。これは個人的には好きにすればよいことです。ダイヤモンドが良いのは間違いないです。ルビーが魅力なのは、価値が下がりにくい、という性質がある点にあります。個人的に赤が好き、と言うのも選ぶ理由になります。婚約指輪ですから、好きにすれば良いです。

宝石を付けないという選択も

あえて宝石を付けないという方法もあります。その選択肢もありです。具体的にいいますと安く済ませることができます。純粋に純金か或いはプラチナでもよいです。こうした貴金属は一番価値が下がりにくいですから、価値の保存方法としてもメリットがあります。婚約指輪ですから、そこまで実用性や実利を意識しないでもよい場合も多いです。要するに好きな宝石にしてよいですし、宝石に拘りがないのであれば、材質だけ貴金属にするのもありです。

婚約指輪(エンゲージリング)とは、婚約の証として男性から女性へ贈る指輪のことをいいます。古代ローマ時代、誓いの印として鉄の輪を贈ったのが始まりと言われています。ダイヤモンドを用いるのが一般的です。